FC2ブログ
お茶でも飲みながら「けいおん!」
けいおん!系SSの中から、お茶でも飲みながらマッタリと読みたいほのぼのしたものを中心に、管理人の好みで載せていきます。
201811<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201901
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梓「指が吹っ飛んだ!」
梓2 
1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします New! 2011/04/03(日) 18:34:50.74 ID:NAIol5iI0
梓「…ん?」

梓は、駅のホームの隅に放置してあった鞄を拾い上げた。

唯と梓は、その日、近隣の街に買い物に来ていた。

二人は目当ての物を買い、小洒落た喫茶店で軽食をとり、とても充実した休日を過ごした。

その帰り道の事だった。

唯「あずにゃん、どうしたの?」

梓「あ、いえ。落とし物があって…ちょっと、これ、駅員さんに届けてきますね」

アナウンスが、通過電車の到着を告げる。梓は、その鞄を駅員に届けようと、きびすを返して改札の隣の事務所に向かった。

※管理人 注 鬱展開です。苦手な方は注意を。
>>続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:けいおん! - ジャンル:アニメ・コミック

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。